2015年3月14日土曜日

シャープ鉛筆 (ダイソー)



【ダイソーチャンネル その219】

 シャープ鉛筆


シャープペンシルじゃないョ、シャープ鉛筆です

★シャープペンシルって?
 繰出鉛筆としてはもっと前から存在していたのですが、実用
 的な製品になったという意味ではシャープ(家電メーカー)
 早川式繰出鉛筆が最初だと言われています。
 鉛筆の代替製品として広く普及していますね。
 ちなみに、当時のシャープは早川電機工業という社名で東
 京にありましたが関東大震災で全焼、大阪で早川金属工業
 研究所として再スタートして今に至ります。


中国製です。


材質は本体がアルミ製です。
ホルムアルデヒドとあるので危ないのかな?とか思いますが、
POMというのはポリオキシメチレン(PolyOxyMethylene)の略
で一般的に使われている樹脂です。





表面はブラスト加工したようなザラザラした手触りで意外に高
級感があるのですが、紫は管理人的にびみょ~・・・



シャープペンシルのように芯が出てきますが、太さは鉛筆の
芯そのものです。



後ろのキャップを外して芯の補充をするのもシャープペンシル
と同じなんですが・・・



1本(今出てきてる芯)しか入らないので替芯は入りません。
常に替芯を一緒に携帯する必要がありますね。


分解してみました。


機構はシャープペンシルと同じ、芯が太くなっただけです。



書いた感じは鉛筆そのものです。



でも鉛筆のように削らないなら芯がどんどん丸くなるよね・・・
と管理人も思ったのですが心配には及びません。

後ろに付いてるキャップに小さい穴があるので


挿し込んで鉛筆削りのようにグルグル回すと


先端が削れて尖ります。


但し、削った粉がキャップ内部に溜まるのでトントン叩くなどし
て取り除いておかないと手や周囲が汚れます。
しかも、溜まった粉が中々全部は出てくれないので使ってると
パラパラ落ちる事もあります。

こんな感じで穴を塞ぐといいんですが見た目がなぁ orz



替芯は1本ずつ取り出せます。



確かにシャープペンシルではなくシャープ鉛筆、この発想には
素直に感心します。
シャープペンシルと違って使い勝手は鉛筆そのもの、木を使っ
てないので環境負荷も低いし鉛筆よりもかさ張りません。
強いて言うなら芯削りの穴は内部に作ってほしかった・・・
でないと削りカスがパラパラ落ちてくるので困ります。

そこさえ改善できれば、シャープペンシルでは線が細すぎて代
替できない分野で鉛筆を脅かす存在になれるかも知れません。
少なくとも、管理人的にはコレがあれば鉛筆は不要です。


ダイソーチャンネルダイレクトリンクは こちら です。

前:【その218】 腕時計用電池交換工具

次:【その220】 マークシートシャープペン


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m