2014年2月11日火曜日

マルチライト(フック・マグネット付) (ダイソー)



【ダイソーチャンネル その122】

 マルチライト(フック・マグネット付)


2LEDの電池式丸型ライトです。




中国製です。

★スペック
 寸法:70mm(直径)×37mm(高さ) ※実測値
 電源:単4×3本 ※電池別売り
 点灯:連続で約12時間
 光度:?
 操作:側面のボタンでオンオフ
 材質:ポリスチレン/塩ビ
 



はて?どこかで見たような形ですが・・・


電池交換にはネジを2ヶ所外さないとダメなようです。
センターに磁石が埋め込まれているので金属面に貼り付けて
使う事ができます。


はてはて?やはりどこかで見たような形ですね・・・


フックが付いているので引っ掛けて使えます。



ネジを外しました、単4電池3本は別売りです。




電池ボックスのメッキは真鍮っぽい色です。




普通に使うならこれ以上何もないんですが、せっかくなので分
解して中を覗いてみましょう。

ネジ3ヶ所を外します。












LED基板には抵抗が1個だけです。


基板の裏面です。


基板への半田付けはまぁ許容範囲でしょう。



ボタンは塩ビ製、構造的に防水ではありません。





ボタンです。




2LEDなので明るさは手元を照らす程度です。
磁石やフックによる固定が可能ですので使い勝手はいいです。
ただ、磁石があまり強くないので貼り付ける面によっては自重
でずり落ちます。




そうそう、忘れてました。
どこかで見たと思ったら・・・先日購入したコレにそっくりです。

MonotaRO 24LED 丸型ライト(フック&マグネット付)


せっかくなので並べて比較してみました。





磁石、ダイソーは磁力が弱いのでフェライトにメッキかなぁ?
MonotaROは希土類っぽいです。







ダイソーは樹脂に木ネジで固定、MonotaROはネジ穴の中に
金属製のナットを埋め込んでいるようです。
樹脂に木ネジは電池交換の為に何度も開け閉めすると潰れ
て弱くなるので、電池交換の頻繁が多い日常使いならダイソ
ーよりMonotaROがオススメです。




明るさの比較ですが、LED電球照度測定筒Ver1.0による約1m
離れた位置からの照度測定では
 ダイソー:157lux
 MonotaRO:1163lux
と7倍以上、まぁLEDの数(12倍)までの差はありませんけど。

でも電池は両方とも単4が3本なのに連続使用時間が2時間
しか違わないってどういう事だろう・・・ダイソー品は効率が悪
いって事?


作業用として実際に使うシーンがそこそこあるならMonotaRO、
とりあえず常備用として非常用袋に入れておくだけならどっち
でもいいかな・・・
この製品も防水ではありませんが、MonotaROでやったように
ジップロック(ストックバック)に入れておけば簡易的な防水と
して使えます。


ダイソーチャンネルダイレクトリンクは こちら です。

前:【その121】 Bergen チョコレートがけピーナッツクッキー

次:【その123】 ペットボトルハンガー


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m