2014年12月17日水曜日

カーテンワイヤー (ダイソー)



【ダイソーチャンネル その199】

 カーテンワイヤー


カーテンレールの一種ですが、ちょっとした目隠しとして簡単に
設置できる上に長さも自由なので窓以外にも色々と使えます。
(別途吊り下げるカーテンなどが必要です)
今回購入した店舗では以下の2種類がありました。

120cm



材質は鋼線に塩ビ被覆、中国製です。

180cm



長さが違うだけで基本的には同じものです。





よく見ると、全体的に縞模様のようなものが見えます。


両端にはフックが付いています。


ネジのように回して付け外しできます。




被覆を剥がすと中身は隙間のないバネのようになっています。
フックのネジ山がコレにうまく引っかかって固定されます。

中は全部こうなってるのでペンチで必要な長さに切断して使う
事ができます。


壁に取り付ける固定金具、両端とセンターで3個付属してます。




設置するとこんな感じになります(断熱カーテンライナー使用)。


断熱カーテンライナーを含めた設置過程は別途投稿の予定で
すが、この製品に関していくつか注意点を・・・

・突っ張り棒と異なり完全にまっすぐになりません(弛みます)。
 設置の際どれだけ引っ張ってピ~ンと張ってもムダです。
 構造をご紹介したとおり、内部はグルグル巻きの鋼線なので
 いくらでも伸びます。
 つまり、吊り下げるのはレースのような軽量物が前提です。

・180cm以上の幅が必要な場合、120cmを2本購入してセ
 ンターで分ける方法もあります。

・フックをねじ込み過ぎると抜けなくなります。
 実際に根元までねじ込んだら外れなくなりました・・・
 
 フックの入ってる部分まででカットし、ペンチを2本使って強引
 に鋼線を引き伸ばして取り外しました。
 せいぜいフックのネジ溝が見えてる部分までにしましょう。

・センターは付属のヒートンではなく洋灯吊の方がいいかも・・・
 
 ヒートンに通してしまうと、センターを越えてカーテンは移動で
 きません。
 洋灯吊にしておけば、掃除などでカーテンを片側にずらして
 おきたい時に便利です。


もともと断熱カーテンライナーの投稿で紹介する予定でしたが、
全部一つにしたらものすごい長くなったので分割しました。


関連投稿は こちら です。

ダイソーチャンネルダイレクトリンクは こちら です。

前:【その198】 おもちゃのヘルメット(ワーカータイプ)

次:【その200】 磁石


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m