2014年6月12日木曜日

たためる!シリコンロート (セリア)



【ダイソーチャンネル その157】

 たためる!シリコンロート


たためるシリコンシリーズ第2弾、ロートです。
え~っと・・・ロート知らない人はいないと思いますが一応・・・

★ロート
 ひらがなでは〝ろうと〟とか〝じょうご〟、漢字だと〝漏斗〟
 と書きます。
 簡単に言ってしまえば口の狭い入れ物に液体や粉体を入れ
 る際に使う道具の事です。
 英語だと〝funnel(ファンネル)〟・・・あれ?
 
 
そういえばコレも形状が漏斗に似てますが命名はそゆことか? 






材質は
 ・シリコン樹脂(本体):-20~120℃
ですが、食器洗い乾燥機や電子レンジでは使用できません。
中国製です。

製造メーカーはやはり社名と電話番号のみ、調べたのですが
会社の概要すらわかりません。


こちらが本体です。





引っ張ると漏斗形状になります。





使う時にはこんな感じで容器に突き刺して上から液体(粉体)
を注ぎ込みます。



実際使ってみた感想ですが、台紙に書いてある通り隙間から
空気が抜けるので注ぎやすいですね。


へたくそな図で申し訳ありませんが断面図です。


容器の口は丸いことがほとんどなので、普通の漏斗を使うと完
全に密着して隙間がなくなります(緑で囲んだ部分)。
この状態で液体を注ぎ込むと中の空気が逃げられず圧力が高
まり流れ込む液体を邪魔します。
水ならボコッボコッと泡を出しながら注ぎ込めますが、粘性の
高い(粘っこい)シャンプーとかだと漏斗を少し持ち上げて空気
を逃がしながらじゃないと注ぎ込めませんよね?
その点、角型漏斗なら隙間から空気が逃げるので邪魔がなく
スムーズです。


この製品、屋内ならたためる点に必要性を感じられません。
屋外なら漏斗を使う場面がほとんどないので携帯性があって
もなぁ・・・という事でハズレアイテムだと思っていたのですが、

普通に漏斗として優秀だな

という結論に至りました。
但し、金属や樹脂性と違って表面がつるつるじゃないので粉
体に使うと表面漏斗表面に残るかも知れません。


ダイソーチャンネルダイレクトリンクは こちら です。

前:【その156】 園芸用ネット&結束バンド(紫外線防止剤入)

次:【その158】 園芸テープ(大花・果樹用幅広タイプ)


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m